JR全線完乗・鳳紹院のブログ

JR全線完乗した作者が、乗りものや旅先の耳より情報を提供してゆきます。

【鉄道の旅】お得情報① JR東日本 週末パスを徹底解説!

 

今回は、JR東日本より発売されている『週末パス』を紹介したいと思います。

(2019.7.8加筆)

東京近辺に在住の方は、JRの駅の広告で目にする機会も多いかもしれません。

 

 

【きっぷの詳細】

有効期間は土・休日の2日間となります。

値段大人8,730円、子供2,560円(※前日までの購入が必要です)

GW・お盆期間は、土日でも利用不可となります。

 

【利用できる区間

f:id:shouinhoo0314:20180224192524g:plain

(出典:JR東日本HPより。)

 

関東・伊豆・甲信越南東北のJR線と14の私鉄・第三セクター線が乗り放題となります。別途、特急券を購入すれば、新幹線・特急にも乗れます。

 

上記フリーエリア内のJR線

山形鉄道線(全線)

阿武隈急行線(全線)

福島交通線(全線)

会津鉄道線(西若松会津田島間)

北越急行線(全線)

えちごトキめき鉄道妙高高原直江津間)

上田電鉄線(全線)

しなの鉄道(全線)

長野電鉄線(全線)

アルピコ交通線(全線)

ひたちなか海浜鉄道線(全線)

鹿島臨海鉄道線(全線)

富士急行線(全線)

伊豆急行線(全線)

 

【実際にどのぐらいお得になるのか?】

 

実際に、主要区間でどれぐらいお得になるのか、比較してみました。

(上が正規運賃で乗った場合、下が週末パス利用の場合です。)

〇東京⇔仙台 

往復22,400円(やまびこ号自由席利用の場合)

8,860(往復特急料金) +8,730(週末パス分)=17,590円

4,910円お得

 

〇東京⇔新庄 

往復23,960円 (つばさ号自由席利用の場合)

9,920(往復特急料金)+8,730(週末パス分)=18,650円

5,310円お得

 

〇東京⇔新潟 

往復20,100円(とき号自由席利用の場合)

8,860(往復特急料金)+8,730(週末パス分)=17,590円

2,510円お得

 

〇東京⇔酒田 

往復27,000円(とき号・いなほ号自由席利用の場合)

10,580(往復特急料金)+8,730(週末パス分)=19,310円

7,690円お得

 

フリー区間の端に当たる、山形県の酒田まで往復する場合は、

なんと7,690円分お得になります。

その他の主な区間でも、往復するだけでも十分に元が取れます。

加えて、14の私鉄も乗ることができるので、かなりお得といえるのではないでしょうか?

 

2日間にわたって使えるので、

・1泊2日で泊りがけで使う

・日帰り旅行を2回で使う

 ということも可能です。

 

例えば、東京発ですと

・東京→仙台→新潟→東京

・東京→長野→新潟→東京 といった大回りの旅も可能ですし

 

・1日目は東京→房総半島、2日目は東京→伊豆

 といった旅も可能です。

 

特に、日本海側の信越本線羽越本線は、車内で新潟のお酒を楽しめる「越乃shukura」や、笹川流れなど日本海の絶景を味わえる「きらきらうえつ」などの観光列車も楽しめます。こうした観光列車も、座席指定券を購入することで乗車可能です。

【旅のモデルコース】

参考までに、モデルコースを紹介したいと思います。

①1泊2日、パスをしっかり活用するスタンダードなルート

東京⇒新潟⇒酒田⇒新庄⇒山形⇒仙台⇒東京
週末パスを活用できそうなエリアぎりぎりまで
ほぼ一筆書きで乗るパターンです。(時刻は2019.3改正時点のもの)

●1日目
東京7:48 ⇒ 新潟 9:56  上越新幹線MAXとき305号


新潟10:11⇒村上11:03 快速きらきらうえつ
村上13:18⇒酒田14:39 特急いなほ
酒田17:48 ⇒新庄19:07 普通
新庄19:57⇒山形20:41 山形新幹線つばさ160号

山形泊

f:id:shouinhoo0314:20190708203558j:plain

上越新幹線MAXとき号

f:id:shouinhoo0314:20190708203903j:plain

特急いなほ

f:id:shouinhoo0314:20180606234423j:plain

山形新幹線つばさ号

 


●2日目
山形9:45⇒山寺10:01
山寺12:16⇒仙台13:15
(仙台13:21⇒松島海岸14:02)
(松島海岸16:13⇒仙台16:52)
仙台18:30⇒東京20:04 東北新幹線はやぶさ

東北新幹線はやぶさ号・こまち号

f:id:shouinhoo0314:20190708211041j:plain



ちなみに、このコースでしたら
羽越本線沿いの笹川流れの景観

松尾芭蕉奥の細道でも有名な山寺(立石寺)

日本三景の一つ、松島 などにも訪問可能です。

f:id:shouinhoo0314:20190708205252j:plain

村上付近、笹川流れ

f:id:shouinhoo0314:20190708205340j:plain

日本海の眺め

f:id:shouinhoo0314:20190708205830j:plain

山寺(立石寺)

f:id:shouinhoo0314:20190708210240j:plain

松島


そして、はやぶさやつばさといったJR東日本の様々な新幹線や
観光列車きらきらうえつに乗車することも可能です。
また、日本海の海の幸、米沢牛、仙台の牛タンなどに舌鼓を打つことも可能ですね。

まだまだルートはありますので、モデルコースとして紹介してゆきたいと思います。

 

 

 

 越乃Shu*Kuraでも尋ねられる絶景の駅はこちらから 

shouinhoo0314.hatenadiary.jp

 

信越本線の絶景駅については、こちらから

www.shouinhoo0314.work

 

こうした記事も参考までに!

 

shouinhoo0314.hatenadiary.jp

週末パスで乗車できる素敵なJR線はこちら

〇JR只見線(小出~会津若松

shouinhoo0314.hatenadiary.jp

〇JR篠ノ井線(塩尻篠ノ井)  

 日本三大車窓の一つ、姨捨駅から絶景。

shouinhoo0314.hatenadiary.jp

 

 

 

週末パスで乗車できる個性豊かな私鉄はこちらから。 

長野電鉄

伊豆急行

山形鉄道

shouinhoo0314.hatenadiary.jp

週末パス、乗り放題で使うもよし、往復で使うもよしなので、今度のお休みにでもご利用されてみてはいかがでしょうか。